ある日突然発症する、成人の食物アレルギー 呼吸器症状やじんましん、下痢、嘔吐、口の中のイガイガ・・・

斉藤みちる


鼻をかむ女性

 食物アレルギーは小さい子どもを中心に増加傾向にあるといわれており、成人においても相当数存在するといわれています。成人では甲殻類や小麦、果物が原因になっている場合が多く、小児と異なり、治りにくく生涯続くケースもあります。成人の食物アレルギーはある日突然発症します。最悪の場合は命に危険が及ぶ場合もあります。今回は成人の食物アレルギーを究明していきます。

 

アレルギー発症のメカニズム

アレルギー反応は、アレルギーの原因となる特定の物質(アレルゲン・抗体)によって引き起こされます。人間の体はアレルゲンに触れると、外界からの侵入者を察知し、アレルゲンと戦うべく、IgE抗体というたんぱく質を作りだします。個人の免疫の反応により異なりますが、卵に対してIgE抗体を作る人もいます。このIgE抗体は、皮膚や粘膜にあるマスト細胞の表面に張り巡らされています。

 

マスト細胞は、再び侵入してきたアレルゲンを察知すると、ヒスタミンなどの科学伝達物質を放出しますが、このヒスタミンなどの、化学物質が、じんましんや湿疹、下痢や咳などのアレルギー反応を引き起こすのです。

 

食物アレルギーの場合、アレルゲンを持つ食品の成分が腸から吸収された後、血液を介して皮膚・気管支粘膜・鼻粘膜・結膜などに到達してからアレルギー反応がおきるため、食物を食べてから2時間以内ぐらいにアレルギー反応が出ることがほとんどです。

 

近年急増している成人の食物アレルギー 花粉症と関係しているアレルギーも

成人になって発症する食物アレルギーは、小児に発症するアレルギーとは原因となる食品や病態が異なります。主に新生児の時に牛乳などが原因で発症する新生児・乳児消化管アレルギーは、2歳ごろまでにほとんど治ります。また、近年多く見られる、卵、牛乳、小麦、大豆などの食物が主な原因で発症するアトピー性皮膚炎は、成長とともに治る場合が多いです。

 

成人になってから発症する食物アレルギーのひとつが「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」です。特定の食物を食べた後に運動をすると、じんましんを発症し、呼吸困難などの症状が現れます。食べただけでは症状は現れず、食べた後に運動をした場合にのみアレルギーが起こるのです。原因となる食物は、小麦やエビ、カニなどが多く、中学生以上に多く見られます。

 

もう一つが、新しいタイプの「口腔アレルギー症候群」です。1980年に欧米で報告され、日本でも多くの患者さんがいます。これは、果物や野菜、ナッツなどを食べた後に、口の中や唇の粘膜が腫れる、違和感、しびれを感じる。さらには、顔がむくむ、じんましんが出る、腹痛などの症状が現れます。ひどい場合には喉がつまる感じがしたり、呼吸困難などを生じることもあります。

 

このアレルギーの原因は、花粉症を引き起こす原因となるアレルゲン(タンパク質)と果物や野菜に含まれるアレルゲン(タンパク質)の構造が大変似ていることに起因しています。特に、シラカバ花粉やハンノキ花粉に含まれるアレルゲンのタンパク質は、りんごや桃にも存在していますので、これらを食べたときに、アレルギーの症状が現れるのです。

 

症状を引き起こしやすい果物には、りんご・キウイ・桃・さくらんぼ・などのバラ科の植物のほか、マンゴー・グレープフルーツなどがあります。野菜では、セロリ・にんじん・とまと・じゃがいも。ナッツ類では、アーモンド・ピーナッツ・クルミ・ココナッツ・ヘーゼルナッツなどが同様の症状を引き起こしやすいとされています。

 

また、ブタクサの花粉症の人はおもにメロンやきゅうりなどウリ科の果物や野菜を食べると、アレルギー反応が起こりやすいことも分かっています。

 

成人の食物アレルギーの原因の多くは、エビなどの甲殻類、小麦、果物類、魚類、蕎麦などで、即時型タイプのアレルギーのため原因食物を食べた後、2時間以内にじんましんなどの皮膚症状が現れ、ほかに呼吸器や消火器などにも複数の症状(アナフィラキシー)が現れ、ショック状態に陥る場合もありますので注意が必要です。


お弁当
まずはアレルゲンを知ることから始めましょう

食物アレルギーを引き起こすアレルゲン(原因)は人によって異なります。「おかしいな?」と感じたら、アレルギー科など専門の病院を受診しましょう。

血液検査

アレルギーを引き起こすIgE抗体がどの食物に対して、どのくらい出るかを調べます。検査値が陽性であっても、実際にその食物を取っても症状がでるとは限らないこともありますが、検査の結果との一致率は70%程度です。しかし、卵、牛乳、小麦、大豆、ピーナッツ、魚介などは数値が一定以上であれば予測が可能なことが分かっています。

皮膚テスト(クリップテスト)

皮膚にアレルゲン駅を押し当てて傷を付ける方法です。皮膚に出た腫れや赤みなどで判断します。IgE抗体が陽性の場合などでも診断的価値は高いです。

食物経口負荷試験

アレルギーが疑われる食物を一定の間隔で食べて、症状が出るかどうかを調べます。アナフィラキシーなどの重篤なアレルギーを起こす危険があるため、緊急時の対応(点滴、呼吸管理など)ができる専門の医療機関で実施されています。

 

食物アレルギーが疑われる場合には、何を、いつ、どのくらい食べて、どのくらい時間が経過してからどんな症状が現れたかなどが貴重な情報になりますので、メモしておくと受診の時に役立ちます。

背伸びする女性
アレルギー表示を確認しよう

成人の食物アレルギーは、治りにくく、一生おつきあいしていかなくてはならない場合もあります。残念ながら現時点では、原因となる食物を食べないように心掛ける以外にはありません。

 

アナフィラキシーを引き起こすリスクが高い7品目「特定原材料(卵、乳、小麦、エビ、かに、そば、落花生)」は、表示が食品衛生法で定められています。また、特定原材料に準ずる20品目(アワビ、イカ、イクラ、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、サケ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、桃、やまいも、りんご、ゼラチンに準ずるもの)については、表示が奨励(義務ではないので表示されていない場合もあります)されていますので、食品を購入する際の目安にしましょう。

 

しかし、店内で焼いたパンや、量り売りのお惣菜など、対面販売をしているものは、原材料の表示がないものもあります。原材料を知りたいときは、その場で確認するしかありません。

 

一般的に、アレルギー症状は様々な誘因が重なった時に症状がより出やすい傾向があります。風邪をひいていたり、寝不足、疲れ、ストレスなどにより、免疫系のバランスが乱れやすい状態にあるときには、これまで症状を引き起こした食物は食べないように気をつけましょう。

 

 

 

出典

ういずVol.112首都圏版 P4、3

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn