初女性総理大臣!? 稲田朋美が総理になるこれだけの理由 姫!出番です!

斉藤みちる


いまや日本初の「女性首相」の最有力との呼び声が高い自民党の稲田朋美政調会長(56)。愛称は稲田姫、または姫。そんな稲田氏が「政治家であるなら、誰でも首相を目指している」と述べたことがインターネットで話題だ。将来の首相への意欲をのぞかせたとみられている。

 

我が国が戦後レジームから抜け出すためには、他に選ぶべき人がいないという消極的選択で安倍政権が長く続く必要があると主張する方は多いだろう。現在の2期6年を3期9年に延長してでもこれをやり遂げられるか見届けてみたい気持ちもある。その後を継ぐのが戦後レジームの申し子みたいな人物では困るところだ。

 

戦後レジームからの脱却を目指した第一次安倍政権があんな形で終わってその歩みは停滞し、民主党政権下で後退した。ポスト安倍の人物次第ではまた同じようなことになる恐れもあるわけで、後継選びとその育成も安倍総理の重要な役目なのだ。

 

おそらく安倍総理の頭の中にも何人かの候補者がいると思うが、私は先日のNHK日曜討論でも論客ぶりを発揮した稲田朋美政務調査会長に期待したい。まだ、当選4回ではあるが、あと3年、あるいは6年の間に政治の表と裏で様々な経験を積めば十分やれると考える。

 

ところが、私こそ日本初の女性総理になれると勘違いしている自称安倍総理のライバルもいる。前総務会長の野田聖子衆議院議員だ。

 

野田氏は安倍総理と同じく当選8回だが、小渕内閣の郵政大臣を務めているから大臣になったのはずっと早い。自分の方が早くから注目を浴びてきたとの気持ちがあるから、総理に対して上から目線の物言いをしたりするのだろう。

 

しかし、政治家としての実績をみればその差は歴然としているし、当選回数4回の稲田氏と比べても見劣りがする。たしかに大臣や党の役職を多く歴任しているが、目立つのは政治家本来の仕事ではなく、人工授精で子供を儲けたの類の話ばかりなのである。

 

一方、稲田朋美は歴代内閣が先送りしてきた公務員改革をなしとげるために調整に奔走し、党内からも高く評価された。そして、規制改革担当相として内閣人事局の新設という大きな実績を残した。また、農協改革にあたっては政調会長として汗をかき貢献したのである。

 

彼女の場合は野田氏のように表に出て派手な言動をすることはないのだが、このように口だけではなく調整や説得などに汗をかく。第二次安倍内閣で彼女が果たしている役割は大きく、安倍総理の期待に十分応えていると思う。

 

また、この二人の決定的な違いはその国家観、歴史認識だ。稲田氏は安倍総理と極めて近いが、野田氏はこの部分だけでも絶対にあり得ないのだ。政治的な力学から再び閣僚や党の役員もあり得るが、その扱いには十分注意が必要だ。

 

ただ、稲田氏に関しては、先般の「財政を再建しないと金利急騰で破産状態に」 発言以来、彼女の経済観に疑問を持つ人も多い。実際、稲田氏が経済に詳しいとは思えないし、財務省の言い分そのままの発言はいただけない。

 

しかし、彼女は安倍総理の経済政策も財務省に対する考えかたもよく知っているはずであり、言葉通りに受け取るのは単純すぎる。財成規律を重視する気持ちは本心のような気がするのだが、経済成長こそがその原動力であることくらい知らないはずがない。

 

なかなかの好印象なのだが、

 

「地場産業のPRが悪いとはいいませんが、派手なメガネや網タイツが政治家のファッションとしてふさわしいかというと首を傾げる人がいないとは言えません。とやかく言われないためにも、ほどほどがいいと思います」

 

と有馬氏、柔軟性やバランス感覚にやや欠ける点を指摘する。

 

「保守思想の強いこともそうですが、一本気なところはマイナスになりかねないですね」

 

最近は「ポスト安倍」ともてはやす向きもありますが、まだ周囲が騒いでいるだけで、本人はそんなに首相になりたいとは思っていないのではないだろうか。

 

「ここ数年はいわゆる調整型よりも、はっきり主張できる、リーダーシップを発揮して国民を引っ張っていける首相が求められています。稲田氏にそれがあるかといえば、まだこれから。本人しだいですが、リーダーシップを発揮するには、自分自身がはっきり立つことを表明して、行動して、発信していくことが大事になります。周囲の理解や協力も必要ですが、まずは自分自身が決めなければ。まだ『本気』が見えません」(有馬氏)

 

好事魔多し、魑魅魍魎が暗躍する政界のなかでライバルを蹴落として総理大臣になるのは至難の技だ。

 

周囲の期待する声が大きければ大きいほど、妬む声も大きくなるだろう。稲田姫には一歩一歩着実に総理の座への階段を上って欲しいと心より念じたい。

 

 

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn


コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    奈新具 (水曜日, 24 2月 2016 13:23)

    なるほど。過去の話題ではありますが、参考になりました。
    ただ、語尾ぐらいは、「です、ます」調なのか「~である」調なのか、
    読み物として徹底しておいていただきたいですね。

  • #2

    斉藤みちる (水曜日, 24 2月 2016 13:28)

    お読みいただいてありがとうございます。ご指摘いただいたこと、記事を修正させていただきます。

  • #3

    正義の士 (月曜日, 01 8月 2016 09:40)

    私は都知事選に勝ったから言うのでないが、小池百合子が1番手、稲田朋美が2番手と思う。絶対ダメなのが、蓮舫。こいつはいつも『2番でいい。』。売国奴である。さらに野田聖子もよろしくない。中身のない割に売名。
    15年後なら、大穴として自民党2期当選、神奈川・小田原中心選挙区の牧島かれん、がいい。国際基督教大出で、米国の選挙事務所経験もあるインテリ。

  • #4

    斉藤みちる (月曜日, 01 8月 2016 11:34)

    正義の士さん、

    コメントありがとうございます。僕は高市早苗先生も悪くないなーと思ってます。どっちにしろ自分は自分の基準に合う支持政党がないので、当分わが国の総理に満足することはないでしょう。