性犯罪発生率の日本と韓国比較

日本と韓国、10万人当たりの性犯罪発生率 折れ線グラフ

韓国の性犯罪発生率は日本の5倍程度となっている。日本が緩やかに減少しているのに対し、韓国は激増している。OEDC諸国内のレイプ発生率は、日本は最下位、韓国は比較的上位に位置している。朝鮮半島において、強姦が当然のこととされていた歴史に待ったをかけたのは、実は日本統治時代だ。日本は朝鮮半島に戸籍制度をもたらし、結婚という概念を与え、強姦を禁じた。世界的な常識でみれば、これは単に「あたりまえのこと」にすぎないが、両班たちにはこれを不服とした。結局わずか35年で日本の朝鮮統治が終わったあと、旧両班であった李承晩が韓国の初代大統領となり、親日派の韓国人や、日本的常識人を片端から逮捕、投獄、殺害し、結果として強姦文化までも復活させてしまった。

OEDC諸国のレイプ発生率