孤独のヤクザ「新次郎」の職業体験⑥

ちろやま




\もしも図書館の司書がヤクザだったら/


図書館法の隙間を潜り抜ける、もしも図書館の司書がヤクザだったら

図書館法の隙間をすり抜ける

新次郎

 

 

ヤクザのしのぎは、法の隙間をすり抜けるのが基本ですから


ヤクザ語録

「損を平気でできるのが任侠で、できないのが普通の男だ。平気で損ができるなら、八百屋の親父でも、タクシーの運転手でも任侠だし、できなければ、そんな野郎は、たとえ組長でも任侠じゃない」万年東一

 

 

 

 

【絵師】ちろやま(ロゴ/イラストなどをフレキシブルに最優のデザインで提供できることを意識している。)