憲法9条1項も改正しなければならない。その背景や事実を当時の事件や出来事と共に一緒に考えよう

斉藤みちる


憲法が創られた会議室 イメージ

 

9

 1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

憲法9条には1項と2項がありますが、戦後の憲法改正論議では、この二つが混同され、「平和主義」が誤解されていると言われています。説明します。

 

憲法9条1項は「侵略戦争」を放棄するという「平和条項」です。これは世界中の国の憲法で定められている「平和条項」です。これに対して、「戦力をもたない」というのが第2項の趣旨となります。

 

そこについて、どの外国にも存在しないと強調されます。つまり、9条2項の「戦力を持たない」と書いている憲法は日本以外にないのだと。

 

現在、改正が主張されているのは、この「戦力の不保持」を定めた9条2項だけで、「平和条項」である9条1項を改正しようとする主張は、改正論のなかのどこにもないとされています。それは、9条1項の「平和主義」にはまったく手を付けないので心配しないでくださいねと、説得するためです。

 

しかし、私は憲法9条1項も変えなければならないと主張したい。憲法9条1項は前後の二段で構成されていることが分かります。しかし前と後ではまったく論理的につながっていないのです。

 

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、」という前段に否定する人はほとんどいないと思います。

 

しかし後段の、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」は前段を受けていないのです。

 

「日本国民が希求」するため「武装しない」という理屈はどう考えても論理的ではありません。「日本国民が希求」するため「平和な国民生活のために努力をする」という文章なら論理的でしょう。

 

または条文の前段を「日本国民は、正義と秩序を希求している国際社会の要請に応える手段として」と手直しすれば、現実的か否かはともかく、前段と後段が論理的につながった文章といえるでしょう。

 

憲法というのはその国の国民が創るものです。実際には最高機関の国会ですが、そもそも日本国憲法は日本人が創ったものではないのです。

 

占領軍が憲法の素人を使ってわずか1週間でつくり、日本に寄贈さたものでした。その当時、GHQ草案を手渡された外務大臣 吉田茂は一読して愕然とし「こんなものを飲めというのか!・・・」と憤ったのです。

 

そのときアメリカ人は、「君たちよく考えるように、私たちはその間、原子力に当たってくるよ」と言ったのですね。太陽の光は原子力ですから、それを原子力と表現して「グチャグチャ言ったらもう一回原爆落とすぞ」と暗にほのめかしたのです。

 

しかも用意周到なことに、部屋を出て行ったタイミングで上空にB29を飛ばしているのです。「やるぞ」と姑息な演出で、いやおうなく広島・長崎が思い出されます。当時の敗戦国の日本の内閣は、涙を呑んで受けるしかなかったわけです。

 

このことを鑑みても、1項を守る義理は無く、1項の改正も含めて憲法改正議論を闘わせていく必要があることが分かります。

 

   ◇

 

最近、世論の掘り起こしと、本ページの発展形となる記事を書きました。

 

「憲法不要論」

 

続けてご覧ください。

 

 

 

出典

「空想の平和主義」を論破する P4,5

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn