【動画】もし原子力艦船で事故が起きたら・・・その時そなたはどうすべきか知っていますか?

斉藤みちる


原子力災害防災訓練の様子=横須賀市
原子力災害防災訓練の様子=横須賀市

 

そなたは、東京湾に浮かぶ原子力艦船で、もしも事故が起きたらどんな対応をすべきか知っていますか?

 

2016年2月10日横須賀市は、米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母で、国の基準値を超える放射性物質が漏れる事故が起きた事を想定した原子力災害による防災訓練を行い、警察や市の職員の他、主に周辺地域の一部市民が参加しました。

 

訓練では屋内退避をし、汚染検査や緊急時の対応の仕方、ヨウ素剤について等原子力災害時におけるすべき事を教えてくれましたが、実際に原子力空母での最悪の事故というのは、想定が出来ていないのが現状です。

 

原子力艦における原子力災害対策マニュアルは平成16年から改正されていませんでしたが、昨年の11月ようやく一部が改正され、今まで緩かった基準の一部が改正されましたが現在も検討中との事です。

 

昨年10月に横須賀基地に配備された原子力空母「ロナルド・レーガン」は、動力として加圧水型原子炉二基を搭載しており、熱出力は二基の合計で120万キロワットと想定され、福島第一原発1号機(138万キロワット)に近く、東京湾に原発があるのと同じとも言われています。

 

私たちの多くの人がまだ体験した事が無い原子力災害、原子力空母での大きなトラブルは今まで起きていません。しかし今後も絶対無いとは言い切れません。

 

横須賀市の人口はおよそ40万人。もしも事故が起きたらその周辺の地域にも影響が出る可能性があります。更に海でのトラブルは、より大きな影響を出す事も懸念されます。私たちは日頃からどのくらい意識して過ごせているでしょうか?

 

最悪の事態は来て欲しくないけれど、現実にそこにある以上可能な範囲で想定していかなくてはいけません。

 

≪動画インデックス≫

1.原子力災害防災訓練実施

2.放射能汚染検査

3.本番の時は測定器の音を出さないようにと指示されている

4.徐線の仕方(服)

5.徐線の仕方(素肌)

6.夏でも長袖を着て、帽子やフード等を被って逃げるといい

7.甲状腺

8.安定ヨウ素剤

9.原子力空母で事故が起きたら

10. 被爆は外部被ばくと内部被ばくに別れる

11. 事故が起きたときの広報

12. 測定をしないで非難した後に被爆を調べる

13. 測定器はいくつある?避難所にいくつ置く?

14. 被害状況の想定。広範囲に訓練。

15. 原子力艦が寄港できる場所(横須賀・長崎佐世保・沖縄)

16. 原子力船で事故が起きた場合汚染水などの対策

17. 原子力空母 ロナルド・レーガン

 

 

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn