30代から考える高齢者駆けつけサービスランキング

斉藤みちる


老人とお医者さん

 

本サイトでも「若い世代の孤独死」というコラムをUPしたが、高齢者の見守りサービスは、30代からの孤独死対策にも参考になりそうだ。一人暮らし×病気の心細さっていったらない。孤独死がよぎる。

 

定期的に希望者とメールなどでコミュニケーションを取ることで、孤立死の予防をはじめ 突発的な身体の異常や突然死への不安を取り除くことが出来るだろう。

 

以下、現在利用可能な高齢者見守りサービスのランキングだ。残念ながら30代は利用対象外のものが多いが、ご家族へのご参考やご自身の将来への参考に。

 

 

1位) さんさん見守りサービス

 

1日たったの198円!”というキャッチフレーズが特徴の、名古屋市で24時間365日高齢者を見守るサービスだ。小さな会社だからこそ地域に密着し、ご利用者様11人にご期待以上のサービスを提供する。

 

利用者が緊急時にボタンを押すと、コールセンターへ繋がり、状況を確認し、状況に応じ、利用者家族への連絡、タクシー手配、110・119番通報、地域担当者の駆けつけ等を行う。

 

ただ機械を設置するだけではなく、対面での対応を重視しており、資格を持ったホームヘルパー(女性)が毎月1度訪問する。対面でしか分からないことがある。としている。

 

ご利用者様が緊急時にボタンを押すと、弊社コールセンターへ繋がり、状況を確認し、状況に応じ、ご利用者様ご家族への連絡、タクシー手配、110119番通報、地域担当者の駆けつけ等を行うのである。

 

 

2位)見守りコンセント WiFi-Plug

 

スマフォアプリで設定して、1人暮らしの高齢者宅の不自然な電気使用パターン(長時間ON/OFF)を検知してプッシュ通知とメールでお知らせする新しい形の見守りサービス。

 

測定した電力データはクラウドサーバに保存され、スマートフォン、タブレット、パソコンにグラフで表示される。高齢者が遠く離れていてもスマートフォンと専用アプリでリアルタイム安否確認ができる。また、不自然な電気使用パターン(連続稼動/連続停止)を検知してプッシュ通知とメールでお知らせする。

 

 

 (3位) シニアセキュリティ

 

東急グループの警備会社東急セキュリティでは、東急沿線の東京・神奈川に限定された地域密着型のセキュリティサービスを行なっている。

 

高齢者向けのセキュリティとして「シニアセキュリティ」を取り扱っている。地域密着型らしい細かいサービスが利用できる

 

緊急ペンダントを軽く握るだけで東急セキュリティへ通報。警備員が駆けつけて、応急手当や救急車の手配を行なう。

 

一定期間、人の動きを人感センサーが感知できなかった場合、異常発生と通知されて警備員が自宅に駆けつける。

 

保健師、看護師などの専門資格をもつ相談員が、電話で健康相談や病院の検索、介護に関する相談に乗る。

 

セカンドオピニオンを通じて、症状や病気に合わせた専門医を紹介してくれる。

 

 

 (4位) 救急通報サービス

 

関西圏を中心に展開している関電SOS(セキュリティ・オブ・ソサエティ)は、急病やケガなどの緊急時に対応する「救急通報サービス」をオプションで利用できる。

 

コントローラーで監視センターへの通報や、セキュリティモードの変更・解除ができる。

 

非常ボタで通報機能があり、手のひらサイズで持ち運びも可能。

 

SOSパッシブセンサーで遠赤外線を感知して、侵入者を検知する。

 

その他、警報メール通知サービスや窓や扉に貼るステッカーなど。

 

 

 (5位) ハッピーガード

 

全日警のホームセキュリティ「ハッピーガード」には、高齢者向けサービスとして「みまもりプラン」が用意されている。

 

外出防犯、在宅防犯は利用できないが、日常生活の異常に対処する「セイフティ」で一人暮らしの高齢者の安全を見守る。

 

身の危険を感じた時や具合が悪くなった時に、非常ボタンを押すと、全日警のビート員(緊急対処員)が駆けつけてくれる。

 

一定期間、居住されている人の動きがセンサーで感知できない場合、全日警に自動通報される。

 

例えば開閉センサーをトイレのドアに取り付けて、一定期間トイレの使用がないと検知されれば、何かあったと判断されてセイフティ信号が全日警に送信される。

 

 

 (6位) SECOM(セコム)

 

セコムのシニア・高齢者向けサービスは、基本サービスにプラスしたオプションサービスで取り扱っている。

 

各種センサーで室内を警戒する。異常をセンサーが検知すると自動的にセコムに通報されるので、在宅時だけでなく外出の際も安心だ。

 

またセコムは補償制度が標準装備。品物に応じて盗難保険金が下りたり、建物が損害された時は修復費用見舞金として最大100万円まで補償する。

 

 

 (7位) HOME ALSOK みまもりサポート

 

ALSOKの「HOME ALSOK みまもりサポート(シルバーパック)」は、高齢者向けの緊急通報、相談サービスだ。

 

ALSOKホームセキュリティよりも、緊急通報や高齢者向けの内容に特化しており、離れて暮らす家族の「もしも」の事態に備える。

 

ホームコントローラーは、高齢者でも使いやすいように、文字やボタンが大きくシンプルなデザイン。音声ガイダンスや警報音も聞き取りやすくなっている。

 

コントローラーは電話線をモジュラージャックに、電源プラグをコンセントに差しこむだけで設置が終わる。コントローラーは壁に設置するだけでなく、床やテーブルに置いて使えるので、壁を傷付けることもない。

 

初期費用(工事費・機器費)は0円。

月額費用は3,706円~と、リーズナブルな料金で利用できる。

 

窓の開閉センサーや、人感センサー(オプションで利用可)は付いていないので、空き巣や不法侵入などの防犯対策には不向きと言える。

 

設置当日から利用可能、契約後7~10日で使えるので「すぐに利用したい」と考えている人にピッタリだ。

 

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn