土佐犬に生まれると、その不幸はどの犬種より最悪なものに

斉藤みちる


 

土佐犬と言えば、闘犬をする勇猛果敢な犬で、ひと言で言えば「怖い」イメージでしょう。闘犬の盛んな四国、土佐藩で、明治時代以降作られた犬の品種ですが、実際に、動物愛護のボランティアをしているママさんの記事をご覧ください。

 

土佐犬が殺処分されました。

 

 

 

飼育放棄の土佐犬です。

 

 

 

土佐犬は、譲渡に回る事は絶対にありませんので、

 

飼育放棄されたら、即殺処分になります。

 

 

 

この土佐犬は怖がって、

 

オシッコを漏らしながら、

 

引きずられていき、

 

殺処分になりました。

 

 

 

 

今までも何度も飼育放棄の土佐犬を見ていますが、

 

ごくごく世間一般の人が想像する、

 

いかにも強そうな土佐犬のイメージは、

 

飼育放棄の土佐犬からは

 

一切思い浮かべる事は出来ません。

 

 

 

 

ガリガリに痩せて、骨と皮だけになってから

 

飼育放棄に連れて来られます。

 

 

 

 

「もう、こいつは不要なんだ」

 

と飼い主が決めてから、

 

おそらく相当の日数が経っていると思います。

 

 

 

 

何故、殺すと決めてから、

 

すぐに連れて来ずに、

 

ガリガリにしてから連れて来るのか、

 

それがいつも疑問です。

 

 

 

これって、動物虐待にならないのでしょうか?

 

 

 

 

土佐犬は出産で10匹ほど子犬を産みますが、

 

飼い主は、この中から良さそうな犬を

 

1匹だけ選び、他の9匹は穴に埋めて殺すそうです。

 

 

 

 

土佐犬は大きいので、

 

育てるとなれば飼育費用も掛かりますし、

 

飼い主が必要なのは、

 

闘犬で勝てる犬だけなのです。

 

 

 

 

闘犬に勝てない土佐犬は生きている価値が無いのです。

 

ですから、小さい子犬も必要ありませんし、

 

闘犬に負けた犬も必要がありません。

 

 

 

 

もしも仮に私が犬を扱う能力がすごくあって、

 

土佐犬でも自信を持って扱えたとしても、

 

土佐犬を欲しがる人が居ないので、

 

土佐犬のレスキューは出来ません。

 

 

 

 

土佐犬は、土佐犬というだけで不利なのです。

 

私が知っている犬種の中で、

 

土佐犬が最も不幸な犬種に思えます。

 

 

 

 

こういう事があるという事実を

 

ブログに書く事くらいしか、

 

私が土佐犬にしてあげられる事がありません。

 

確かに、土佐犬が保健所に持ち込まれることは珍しくないようです。数頭まとめて持ち込まれ、殺処分になることも。その中にはまだ幼い命もありました。

 

飼育放棄された土佐犬は引き取り手も少なく、殺処分されるしかありません。

 

土佐犬を見かけたときは、この話を思い出してあげてください。

 

また、人を襲った土佐犬は、殺処分されることがあります。よく訓練された土佐犬であっても、何かの拍子に驚いたりした場合に見境無く人を襲うケースがあるのです。

 

この写真を見てください。

保健所に持ち込まれた殺処分される土佐犬

 

実際に飼育放棄された土佐犬です。本当に骨と皮だけでした。撮影したボランティアの女性は、おやつをあげると優しく食べてくれたのを、覚えているそう。

 

土佐犬のなかには、とても臆病者で、小さなボールを転がして与えただけで腰を抜かすものも、人には、とても従順で、チワワに吠えられても耐えます。反撃はしません。

 

海外では危険な犬種の飼育禁止や行動の禁止、ライセンス制や、高額な税金がかけられるなどの法規制があります。将来に日本でも土佐犬が、飼育規制される時が来るかもしれません。それを防ぐためには、適切な飼育をすること。繋ぎ飼育、閉じ込め飼育、ネグレクト、長時間一人にする環境などに置かないことです。そして、社会性を身につけさせることです。さらには、自分では飼育できないと思ったら、飼育する前に思いとどまることが最も必要となります。

 

 

 

出典

http://marico247.exblog.jp/14162111/

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    SA (金曜日, 30 9月 2016 23:31)

    今日目の前で息を引き取る土佐犬に次は土佐犬に産まれてきちゃダメだよって頭なでながら言いました。

  • #2

    rfs (月曜日, 11 9月 2017 21:51)

    闘犬の試合に負けると、食肉処理されて鍋の具材になっているケースもあると聞いたことがあります。