我が子に虐待をする母親、なぜ?

琉舜


児童の手

 なぜ、児童虐待はなくならないのか?

何が原因なのか?

巷では、様々な研究、提言が為されていますが、その数は減るどころか年々増えるばかりです。

児童虐待は、様々な要因が重なった時に引き起こされるものと言われています。

 

 

 

例に挙げると

【子どもの要因】

 かんしゃく持ちなど、一般的に育てにくい子ども

 先天性の病気や障害を持つ子ども

【親の要因】

 貧困

 育児不安

 子どもに対する過度な期待

 親自身の虐待経験

 親自身の精神疾患

【家族の要因】

 核家族化(周囲に相談しにくい)

 夫婦関係の不安定化(夫からのDVなど)

 近所付き合いの希薄化と孤立

などです。

 

 

 

つまり、これらの要素が重なり合った時にこそ、児童虐待は起こりやすいということです。

このうち、本稿では、『母親』に焦点を当て、児童虐待をする、若しくは、してしまう要因について解説していきます。

なぜ『母親』に焦点を当てるかというと、虐待を加える側、つまり、虐待者の約6割が母親だという悲しい現実があるからです。

そしてそれはすなわち、普通の母親が加害者になりうる可能性が高いということを指しているのです。

であるからこそ、本稿は、そうした母親を責める意図ではなく、虐待を加える母親の心理を理解し、地域や社会で支えていこう、助けていこう、虐待を食い止めようということが目的の記述であることをまずどうかご理解下さい。

 

 

 

では、なぜ母親は虐待に走るのか?

先ほども簡単に触れましたが、母親に焦点を絞って考えた場合、母親が我が子に虐待を加える原因としては

   育児ストレス

〇 情報社会の中で子育てマニュアルなどに振り回されるが実際にはその通りにならないために、自分は育児が下手だと思い込みストレスを抱えてしまう

   〇 子どもが自分の言うことを聞かないのでついイライラしてしまう

   〇 母親自身が精神的に未成熟であるがために自らの感情をコントロール出来ず、そのはけ口が立場の弱い子どもに向いてしまう

   母親としての責任感

〇 夫が子育てに非協力的であり、子育てに関するすべての責任を母親1人で抱え込むだけでなく、夫からのプレッシャーにも苦しむ

〇 実家(舅、姑)などからの子どもはこうあるべきだ、こう育てるべきだという理想と過干渉に振り回され、それを体現出来ない重圧に苦しむ

   孤独感

〇 いわゆる密室育児で、 気が付けば1日中、子どもと2人きりという状況にいるため、虐待の状況を作 りやすい

〇 核家族化や近所付き合いの希薄化に伴い、実家も遠く、友達が近くにいないなど、周囲の環境になじめない

〇 自治体ごとに温度差があるなど、国や自治体のサポートに関してはまだまだ改善の余地もあり、母親の不安を解消するまでには至っていない

   自らが虐待された経験を持つ

子どもは親のやり方を踏襲するもので、虐待を受けつつ育った子は、そうした愛され方しか知らないために我が子にも他の愛し方が分からないという傾向を持つ

など、様々なものが挙げられます。

 

 

 

虐待者が母親なだけでも、ざっとこれだけの要因が浮かぶのです。

児童虐待の根の深さを物語っていますよね?

であるからこそ、虐待を防ぐには、母親だけの努力ではなく、周囲や地域の理解や協力が必要だという訳なのです。

そして、虐待に悩むお母さん、あなたは1人ではありません。

どうか、追い詰められた時にこそ、冷静に周りを見渡してみて欲しいのです。

 

 

 

□琉舜

北海道在住の30代、3児の母。過去には法律関係の仕事をしていたこともあり、政治問題や社会問題に関心を持ち続けています。

 


 ▼あわせて読みたい


パート保育士に復帰したい!第三者から見た現実まとめ。自分に合った園に出会うための方法とは?【完全版】


児童虐待こそ逮捕されやすい


児童虐待で保護された子どもはどうなるの?施設ってどんなところ?


児童虐待の1類型~心理的虐待とは?


「虐待を繰り返してしまいます」というお母さんへ


児童虐待「家を出たい。妹もいるのに私だけで決めてもいいの?」


児童虐待の一類型~身体的虐待とは?


初めて子どもを叩いてしまったあなたへ


児童虐待に気づいたら。通報という対応を覚えておいてください。


認知症、さいたま市の状況 要介護者増加により様々な取り組みが急務


さいたま市、高齢化率の推移 現状と課題と将来推計


江戸時代の社会福祉 農村は村落共同体、商家は大家族経営、家族や共同体内の相互扶助が基本


ライフドキュメンタリー 母子家庭


充実人生 ~30代から考える介護保険制度~


福祉行財政の動向 ~第二次安倍政権誕生からアベノミクス新三本の矢まで~


教育への公的支出が少子化対策の秘策!?


議員の劣化が止まらない 中選挙区制で立て直せ


ライター初心者ok!「女性向け小説」「若者向け政治記事」小説家・ライターさんを募集中!


ペンで世の中を変えたい!そんなあなたに「みんなの社会科」スタッフ


【なんで母親バッシングするんだろう?】優しい社会は訪れるか、ツイートで見る