スクールソーシャルワーカーの役割 教職員でもカウンセラーでもない存在

斉藤みちる


学校で考え込む男の子

 

学校現場では不登校やいじめなど、いつの時代も子共を取り巻くさまざまな問題がありました。

 

現代の子共問題は、教職員だけの対応に限界が生じ、学校現場ではこれまで配置されてきたスクールカウンセラーに加え、「スクールソーシャルワーカー」の活用を進めるようになってきました。

 

ここではスクールソーシャルワーカーについて解説します。

 

福祉・医療機関などへの同行、代弁なども行う

スクールソーシャルワーカーとは、2008年度から文部科学省が取り組み始めた事業です。児童生徒の不登校や、校内・学内でのさまざまな問題行動などに対応しています。

 

スクールソーシャルワークが従来の施策と異なるのは、児童生徒との関係性に見ることができます。

 

これまでは、「無力あるいは非力な子どもを大人が指導、教育する」という視点で、対応の枠組みが組み立てられてきました。しかし、スクールソーシャルワークでは、職業的価値観である「人間尊重の理念」のもとに、「問題解決は、児童生徒、あるいは保護者、学校関係者との協働によって図られる」と考えます。

 

ソーシャルワーカーは本人が抱えている問題の原因が環境にあるという観点で介入し、本人と福祉・医療などを結びつけることによって問題を解決していきます。家庭訪問だけでなく、福祉・医療機関などへの同行、児童生徒が何を求めているのかの代弁なども行います。

 

今後に向けて

教育の現場に、福祉の専門家が入ることにより、家庭環境と行政機関・社会資源を結びつけるという、教職員では対応不可の支援を行うことができます。事実、スクールソーシャルワーカーによって、事態が好転した事案は数多くあります。行政もその有効性は認識しており、2015年度はスクールソーシャルワーカーの数を1466人から2847人へ増やす予定です。

 

今後は、教育などの教職員が専門とする分野と、福祉の専門家が得意な分野をそれぞれ教職員、スクールソーシャルワーカーで分担し、児童生徒の支援の分業化という視点が大事になってきます。

 

それに伴い、現場に入ったワーカーは自分たちの職務と役割を学校関係者に正しく伝え、「ソーシャルワーク」という支援方法の有効性を伝えていくことも大切でしょう。気を付けるべき点は、ソーシャルワークもカウンセリングも子どもを支援するためのひとつの選択肢です。これがすべての問題を劇的に軽減するということはいえませんが、状況に応じて活用することが望まれます。

 

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn