国宝の千手観音菩薩立像など5体に油状の液体の跡…奈良・興福寺

斉藤みちる


報道映像=NHKから
出典http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161120/k10010776531000.html

 

奈良市の興福寺で、国宝の千手観音菩薩立像や、四天王立像のうちの持国天像の台座など、少なくとも5体の仏像などに透明の液体がかけられた跡が見つかり、警察は、何者かが意図的に液体をかけたとみて、文化財保護法違反などの疑いで調べている。

 

2016年11月20日13時ごろ、来場者から「液体のようなものがかかっている」と同寺に連絡があり、寺を通じて警察に通報した。

 

発表では、いずれも国宝で、国宝館に展示されている中国・唐代の儀式用楽器「華原磬かげんけい」と、「木造千手観音立像」(鎌倉時代)、同館南側の東金堂に安置されている持国天じこくてん像(平安時代)の台座や周辺の床などに、複数の汚れが確認された。午前9時の開館前に異常はなかった。同寺は急きょ、両施設の拝観を中止した。21日も「国宝館」と「東金堂」では休館する。

 

同寺の多川良俊執事長によると、持国天像の台座には2センチ程度のシミがあり、かんきつ系のにおいがしたという。

 

報道映像=NHKから
出典http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161120/k10010776531000.html

文化財への液体被害 過去に相次ぐ

寺や神社で仏像などの文化財に液体がかけられる被害は、去年の3月から5月にかけて奈良県や京都府、それに千葉県など、16の都府県の48の寺や神社で相次いだ。

 

奈良県内では、奈良市の東大寺や桜井市の長谷寺など全国の都府県で最も多い、19の寺や神社が被害を受けたが、当時、興福寺では被害はなかった。

 

興福寺の事件を受け、東大寺では、このようなツイートがされた。

 

ツイート「報道が始まったので投稿します。今日、大変残念なことに興福寺さんで国宝に油状のものがかけられる事件がありました。東大寺でも昨年に同様の被害があり、残念ながら未解決です。本当に止めていただきたい。「興福寺 国宝の仏像などに液体」 」
出典https://twitter.com/kojomrmt/status/800316811744985088

 

このツイートには、こんな反響が。

 

『先月見てきたばかりなのでショック。ひどい。』

 

『韓国人でしょうか。心配です。』

 

『昭和残照かな…戦後の教育の崩壊ぐ今頃になって、いろんな昔し考えられなかった事件事故ばかりで、日々哀しいニュースばかりです。』

 

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn