福島お地蔵さん仏像の首折られる事件に韓国キリスト教の陰 これは酷い(追記あり)

斉藤みちる


頭がとれた木製の仏像。寺の本堂に何者かが侵入して壊されたという=福島県須賀川市今泉で2016年12月5日午後1時57分、高井瞳撮影
頭がとれた木製の仏像。寺の本堂に何者かが侵入して壊されたという=福島県須賀川市今泉で2016年12月5日午後1時57分、高井瞳撮影 出典http://mainichi.jp/graphs/20161206/hpj/00m/040/004000g/1
福島県須賀川市の寺では、木や陶器でつくられた仏像も壊された=同市今泉で2016年12月5日午後2時13分、高井瞳撮影
福島県須賀川市の寺では、木や陶器でつくられた仏像も壊された=同市今泉で2016年12月5日午後2時13分、高井瞳撮影 出典http://mainichi.jp/graphs/20161206/hpj/00m/040/004000g/2
頭部がなくなった仏像。墓石の脇に据えられている=須賀川市舘ケ岡の共同墓地で2016年12月5日午後1時29分、高井瞳撮影
頭部がなくなった仏像。墓石の脇に据えられている=須賀川市舘ケ岡の共同墓地で2016年12月5日午後1時29分、高井瞳撮影 出典http://mainichi.jp/graphs/20161206/hpj/00m/040/004000g/3

福島県で相次いで仏像が壊されている事件。

 

2016年12月6日も、新たな被害が確認された。須賀川市にある寺の墓地で、状況を確認に来た墓の所有者が、仏像が倒されているのを発見した。

 

須賀川市や郡山市では、今月3日からの寺や共同墓地での被害が12か所に上っている。

 

須賀川署は警戒を強めている。

 

もしこの犯人が、日本在住の韓国人、または韓国系日本人だった場合、キリスト教徒であっても不思議ではない。

 

キリスト教は昔、偶像破壊の過ちを犯した過去がある。それは、土着の宗教を偶像と言い徹底的に破壊する行為であった。

 

日本においても、一部のキリシタン大名とキリスト教信者によって、領内の神社、寺院が焼かれ、僧侶が迫害されるという事例が存在する。

 

もし犯人が、反日感情を強く持っていて、キリスト教徒だった場合、仏像を悪の偶像と認めて破壊するというのは、考えられないことではないだろう。

 

ここまで事件が大きくなったのは、「捕まらないから繰り返す」という心理からか。

 

よくこんな罰当たりなことができるなと思う。また同じようなことが起こらないことを祈るばかりだ。

 


壊された地蔵を立て直す矢内逸郎さん=福島県須賀川市舘ケ岡の共同墓地で2016年12月5日午後1時18分、高井瞳撮影
壊された地蔵を立て直す矢内逸郎さん=福島県須賀川市舘ケ岡の共同墓地で2016年12月5日午後1時18分、高井瞳撮影 出典http://mainichi.jp/graphs/20161206/hpj/00m/040/004000g/4
地蔵破壊に憤り「偶像破壊?」福島 仏像、器物破損事件の概要

福島県須賀川市で見つかった、墓地の地蔵像などが壊される被害は、郡山市でも見つかり、2016年10初旬から12月5日までに、須賀川郡山各署に届け出があったのは、寺や墓地など合わせて10カ所、計40体以上の首や指が折られるなどし、県警は関連があるとみて、器物損壊事件として捜査している。

 

隣接する市で起きた事件に、関係者らは、「なぜ壊されたのか。目的が分からない」、「許されない行為だ」と憤りを露わにした。

 

被害に遭った須賀川市柱田の共同墓地では、12月3日朝、墓地を管理する寺の住職が壊されている仏像を見つけた。高さ70cm~3mの仏像12体が、台座から倒され、頭部や指先が取れていた。

 

北東に約2キロ離れた同市舘ケ岡の共同墓地でも、9体が損壊。墓参に来ていた近くの矢内逸郎さん(74)は、「酷い。家族が眠っているところなのに。なぜこんなことができるのか」と憤った。同市今泉の寺でも、本堂の仏像が壊されるなどの被害が確認されている。

 

また、同市桙衝の桙衝神社は、本殿などが県指定重要文化財になっている。男性宮司は「まさか、このようなことになるとは」と肩を落とした。

 

男性宮司によると、12月4日午前10時ごろに建物を確認したところ異常はなかった。5日午前7時30分ごろに建物に入ったところ、本殿で神鏡が台座から取り外されて曲げられたり、太鼓が倒されていた。本殿近くの境内社の屋根も折られるなどして壊された。「今まで被害に遭ったことはなかった。神聖なものを壊すのは許せない行為だ」と語気を強めた。

 

さらに、同市今泉の永禄寺では、仏像の頭が引き抜かれたほか、仏像が床に置かれるなどしていた。寺の関係者によると、12月4日午後5時ごろには異常はなかったが、5日午前4時30分ごろに確認した際、被害に遭っていると気付いた。「とても悲しいこと。涙が出てくる」と無念さをにじませた。

 

県指定重要文化財の「護真寺木造宝冠釈迦如来坐像」が保管されている同市横田の護真寺は、パネルが破られたり、仏像が散らばっていた。総代の男性によると、文化財に被害はないとみられるが「地蔵などの被害が酷かった」と口にする。被害を受け、市は文化財を保管する神社や寺に注意を促した。また、須賀川署は警戒を強めている。

 

一方、郡山市安積町牛庭1の共同墓地では、50~90センチの仏像19体が本体ごと倒されて首が取れたり、腕から先が折られたりしていたという。管理者の60代男性は「他人の墓地を荒らす意味が分からない。許せない」と怒りを露わにした。

 

 

 ※2016年12月11日2:47追記------------

 

福島県警白河署は10日、同県泉崎村の神社でキツネの石像などを壊したとして、器物損壊と建造物侵入の疑いで、住所不定、韓国籍の無職チョンスンホ容疑者(35)を逮捕した。

 

署員は、白河市内で容疑者を職務質問。犯行を認めたため逮捕した。

 

同署は、100体近くに上る損壊被害にも関連を調べる方針。

 

 

 

出典

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161206-132628.php

http://mainichi.jp/articles/20161206/k00/00e/040/188000c

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000089436.html

http://www.sanspo.com/geino/news/20161211/tro16121100170001-n1.html

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn

壊されて頭部がとれた地蔵=福島県須賀川市舘ケ岡の共同墓地で2016年12月5日午後1時18分、高井瞳撮影
壊されて頭部がとれた地蔵=福島県須賀川市舘ケ岡の共同墓地で2016年12月5日午後1時18分、高井瞳撮影 出典http://mainichi.jp/graphs/20161206/hpj/00m/040/004000g/5