NHKだけじゃない 社会活動家が提案する国営放送法

斉藤みちる


 

社会活動家で「みんなの社会科」管理人の私、斉藤みちるは4月11日、NHKに換わる国営放送に必要な法律の骨子案を公開しました。この発想は、「NHKをぶっ壊す!」の立花孝志さんからも聞いたことがないものです。

 

このたび公開したものは、みちるが長年構想していました、日本の国営放送を設けるための法律の骨子案です。それは世界から「ためになる」「役に立つ」と賞賛される日本の国営放送です。

 

今あるNHKや放送法との関係は?よくあるNHKを国営化するという話しではありません。NHKはあくまでも解体するべきであり、NHKとは別の母体がですね、つまり孫 正義さんでもいいしホリエモンでもいい。NHKとは関係のない主体による国営放送を立ち上げるというものです。

 

既存の放送法の良い部分を活かしつつ大胆に変更を加え作成しました。

 

 

 

(目的)

第一条        この法律は、次に掲げる原則に従って、放送を社会の公益に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。

一  放送が国民に最大限に普及されて、その効用を国内外にもたらすことを保障すること。

二  放送の不偏不党、真実を追求することによって、放送により知る権利を確保すること。

三  放送に携わる者の職責を明らかにすることによって、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

吹き出し「放送法の目的規定から「自律」と「表現の自由」の文言を削除し、「国内外」と「知る権利」の文言を付加しました。」

 

(放送番組編集の自由)

第二条  放送番組は、法律に特段の定めがない限り、何人からも干渉され、又は規律されることがないものとする。

吹き出し「放送法よりもやや厳格にしました。」

 

(国内放送等の放送番組の編集等)

第三条  放送事業者は、国内放送及び内外放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。

二  政治的に公平であること。

三  報道は事実をまげないですること。

四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

吹き出し「放送法と同様の定めにしました。」

 

(運営者)

第四条  運営者は、社会の公益のために、あまねく日本全国において受信できるよう、豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送を行うとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い、あわせて国際放送及び国際衛星放送を行うことを目的とする。

吹き出し「放送法を参考に「社会の公益」の文言を付加し、類似の定めにしました。」

 

(審査)

第五条  国営放送をどうするかを国民が審査し、投票で意見を示す。

吹き出し「最高裁判所裁判官国民審査のように国営放送の是非を問う投票です。」

 

 

 

 

 

 斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    仲倉和徳 (土曜日, 29 4月 2017)

    その国営放送の運営費はどこから捻出するのでしょうか?
    現在のNHKが批判される最も大きな理由の一つに番組を見ない人からも金を取るというのがあり、そこを解決しないと民意を得るのは難しいのではないかと思います。
    自分の考えているアイデアとしては民放から税金を徴収してその金で運営していくとすれば、国民からの支持も得やすいだろうと考えています。
    NHKへのミカジメ料を払わなくてよくなるのですから、きっとみなさん歓迎するでしょう。

  • #2

    斉藤みちる (日曜日, 30 4月 2017 03:15)

    金の問題がNHKの不評の原因であると、国営放送はNHKとは別組織だとしても悪いところが重なっていてはいけないですね。こちらではアイデアが不足しているところですが、仲倉和徳のそなたのアイデアも、今後のために参考にさせていただきます。