ホーチミン市が自家用車両の使用を制限する措置を模索

斉藤みちる


ホーチミン市の道路、バイクがいっぱいだ
ホーチミン市の道路、バイクがいっぱいだ

 

平成29年4月20日開催のシンポジウム、『ホーチミン市における自家用車両の利用需要をコントロールする-現状と解決策』で、ホーチミン市交通運輸局のブイ・スアン・クオン局長は、同局は交通運輸省の交通戦略発展研究所と協力し、自家用車両のコントロールと、公共交通機関の運行に関するプロジェクトを今年10月中に取りまとめ、ホーチミン市人民委員会に提出するとの考えを明らかにした。

 

渋滞や交通事故を引き起こす主な原因はオートバイであり、そのため、その使用を制限し、交通システムから早期に排除すべきだというものだ。

 

クオン局長はさらに、「市の関連当局はホーチミン市人民委員会の指導部に対し、オートバイの新車登録、自動車の中心部での駐車料金の設定、技術的な安全が確保されていないオートバイのチェック・回収・処理など、管理担当部門ごとにオートバイの流通を厳しく制限する政策を立案、建議するとともに、2030年までにオートバイの市中心部への乗り入れを規制するロードマップを公表する。さらに、市は公共交通機関の能力を高め、市の交通需要の60%に対応できるようにしていく」と述べた。

 

 

 

斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn