「なぜ読書をしなければいけないの?」高収入になるほど増える読書量 1冊の読書で年収75万円の差も 

斉藤みちる


近未来で読書をする女性

いつの時代も、「たくさん本を読みましょう!」と勧められます。何となく当然のことと受け止めながらも、本を読む行為はそれほど重要なのでしょうか。

 

若者の読書離れが叫ばれていますが、SNSでメッセージのやり取りをしたり、自分のブログを更新したりする作業には、1日の内1時間、2時間と使っているかもしれませんが、純粋に読書をする時間はどうなのでしょうか?

 

【年収と読書量には相関関係がある?】

数年前になりますが、PRESIDENTという雑誌が年収ランクと読書量の関連性に関するデータを発表していました。

 

それには、1500万円以上の人は、1日当たり平均30分以上の読書をしていますが、年収500万円から800万円クラスの人は、毎日平均5~30分間の読書に留まっているそうです。

 

また別の調査ですが、20歳から30歳代のビジネスマンは、年に平均3冊しか本を読みませんが、30歳代で年収が3000万円を超えている人の平均読書量は、1ヶ月で3冊なのだそうです。

 

年平均3冊と比較すると、12倍の読書量となるわけです。

 

仮に、年3冊の本を読むAさんが、年収500万円だとして、毎月3冊の本を読むBさんが年収3000万円だとしましょう。Bさんは年に36冊の本を読むので、Aさんとの差は33冊。

 

この数字で年収の差額2500万円を割ってみると、1冊あたり75万円以上になります。

極端に単純に言えば、年に読む本を1冊増やすたびに、あなたの年収が75万円アップするかもしれない!ということですね。

 

【高収入ほど読書をしないと知性が低下すると考えている】

アメーバニュースのこの記事でも、ごく限られた対象者にアンケートした結果のようですが、それによると、回答者の収入が高くなるほど、『本を読まない人は知性がない』と思う割合が増えています。

 

グラフ 年収別「本を読まない人は知性がないと思う」

 

【なぜ読書が年収に影響するのか?】

それにしても、読書量と年収との間にそのような関連性が見られるのは、なぜなのでしょうか。読書をすることの効果としてあげられることを考えてみます。

 

1.知識が増える 

2.言葉の表現力が向上する 

3.思考力が向上する 

4.自分と違うものの見方を知ることが出来る 

5.想像力が豊かになる 

6.ものごとに対応する力が向上する

 

1.と2.の結果、思考力が向上します。読む本によっては4.も期待できます。

 

想像力の向上は、1.から4.までの結果として起こります。ここで言う想像力とは、自分の考え方と異なるものを受け入れて理解する力のことです。

 

そのような想像力が強くなれば、職場や身の回りで起こる様々な出来事に対して、柔軟に対応しやすくなりますし、いろいろな人と上手く付き合えるようにもなるので、仕事も私事も順調になるでしょう。

 

このような状況になれば、自分の能力に自信を持てますから、何か新しいことや高い目標にチャレンジする気持ちが生まれるはずですね。それがまた、仕事と生活のレベルを上げる結果になる、というわけです。

 

ただし、本なら何でも良いのではありません。ファンタジーやライトノベルでは、あまり効果が期待できません。

 

そなたの世界を見る目が一変するような、そんな知的刺激の得られる本を、今から1冊、読み始めてみませんか?

 

 

 

出典

http://jijico.mbp-japan.com/2017/04/28/articles23200.html

http://news.ameba.jp/20170611-388/

 

 

斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn