埼玉・新座で虐待事件 19歳の母親が生後1ヶ月の赤ちゃん揺さぶリ死亡

斉藤みちる


笑っているかわいい赤ちゃん

埼玉県の新座市で、生後1ヵ月の乳児の体を強く揺さぶり死亡させたとして、埼玉県警は、平成29年9月21日、傷害致死の疑いで19歳の母親を逮捕した。日常的に虐待していた可能性もある。

 

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、新座市に住む無職の女(19)。

 

発表によると女は8月30日午後6時半頃、新座市の自宅アパートで、生後1ヵ月の海琉ちゃんの体を揺さぶり重症を負わせ死亡させた疑いが持たれている。

 

女が8月31日「子供の様子がおかしい。ぐったりして動かない」などと消防局に119番通報した。

 

海琉ちゃんは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、急性硬膜下血腫の重症。病院が虐待された可能性があるとして、埼玉県警に通報したことで事件が発覚した。

 

埼玉県警によると、女は会社員の夫(26)と長男(1)、海琉ちゃんの計4人暮らしだったという。

 

警察での取り調べに対して女は「子供がおむつを替えたりミルクを与えたりしても泣きやまなかったので揺さぶった」などと供述し、容疑を認めているという。

 

この事件に対してインターネット上では「虐待するくらいなら産むな」「虐待する親は許せない」「生後1ヶ月の赤ちゃんが泣くのは当たり前」「子供を産んだら責任持って育てろ」などと怒りの声が多数見られた。

 

 

埼玉県警は傷害致死の疑いとして、女から事情を聴くとともに、日常的に虐待があったのかなどについても詳しく調べている。

 

 

 

斉藤みちる プロフィール

社会活動家/「みんなの社会科」管理人

その傍らオラクルカードを中心とした占いもしております。ヒット記事『陸上自衛隊レンジャー訓練』。福祉力検定3級。

Twitter @tikyuuhattenn


小説家・ライターさんを募集中!